ショッピング枠現金化の申込は、便利で安心なWebフォームからがオススメ。

フォームから問い合わせ

 

換金クレジットに限らず、ショッピング枠現金化業者へ申込するときはWebフォームからの問い合わせが便利です。
メールでの問い合わせも悪くはありませんが、要望を効率的に使える点でWebフォームの方が優れています。

 

電話申込をオススメしない理由

バツを掲げる女性

 

換金クレジットのWebフォームを送信すると連絡希望時間帯に確認の電話がかかってきます。連絡希望時間帯を指定しなければ、営業時間内を条件に数分程度で折り返しの電話がきます。
どうせ、電話をしないといけないなら、最初から電話をした方が早いと思うかもしれないですが、その後のショッピングサイトの紹介で苦戦します。

 

ショッピング枠現金化は電話で利用額や換金率などの条件交渉と説明が行われた後は、専用の通販サイトを案内されてカード決済をする流れになります。
通販サイトのURLがメールで送られてくるので、Webフォームから送信しておいた方がスムーズです。
電話でアドレスのやりとりをすると時間がかかり、メール送信不備などの問題が起こりやすいです。

 

換金クレジットの申込フォーム

 

  • お名前、ふりがな(必須)
  • 電話番号(必須)
  • 連絡希望時間帯(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 希望金額
  • プラン(当日or通常)
  • ご利用状況(初回or2回目以降)

 

必須項目は氏名と連絡先のみです。連絡希望時間帯も必須ですが、何も変更しなければ営業時間内にすぐに電話がかかってきます。住所は任意項目です。
ネット通販で実際に商品を買う際に住所が必要になります。
発送先は自宅以外も可能で営業所止めを指定することもできます。

 

フォームから送信しても、通販購入時の送り先で再度必要になるので、入力が手間に感じる場合は未記入で問題ありません。希望金額や希望プランを指定しておくと話がスムーズです。

 

フォーム送信しても申し込み確定ではない

 

換金クレジットは「Web申し込み」と案内しているので、送信すると申し込みが確定すると不安になりました。
実際に利用しましたが、話を聞いて思っていたことと違ったり、検討しなおしたいと思った場合はいつでも離脱できます。
強引な勧誘をしてこないので安心です。

 

フォームにはフリースペースがありません。電話ではなくメッセージにて問い合わせをしたい場合は、直接メールを送るとよいでしょう。
公式ページの会社情報および当サイトのトップページで換金クレジットのメールアドレスが記載されています。

 

強引な勧誘は本当にない?

 

他社では「顧客満足度96%」、「顧客満足度ランキング1位」、「専任コンシェルジュの手厚いサポート」など満足度や接客品質を大きくアピールしていますが、換金クレジットは接客面のアピール情報がありません。

 

換金クレジットを利用した印象を悪く表現すると、ビジネスマナーを兼ね備えている一方でサバサバとしています。利用を迷っていると、無理して決めなくてもいいし、電話を切って考えてみたらどうかと案内されました。
そして個人的な事情は、自分から話や相談をしない限り一切介入してきません。

 

他社の顧客満足度をアピールしている業者を使ったときは、事情を聞こうとしたり、キャンペーンを優遇するかわりにアンケート回答で良い内容を書くように指示されるなど、面倒なことが多かったです。
顧客満足度調査は時として既存顧客の負担を増やすことにもなりますし、手厚いサポートや相談業務をすることが全ユーザーの満足度に繋がるとは限りません。
根拠のない自社の満足度調査は意味のない情報ですし、厚かましい業者の可能性もあります。

 

私は、換金クレジットの必要なことは丁寧に対応して、利用は顧客判断という換金クレジットの運営方針に好感しました。

 

TOPへ