運営会社情報、運営実績はもちろん、チェックすべきポイントを紹介します。

利用前にサイトをチェック

パソコンと植物

 

ショッピング枠現金化の利用前にサイトをチェックする方法をまとめました。
今回実際に利用した換金クレジットの例と併せて紹介します。

 

運営会社情報をチェック

 

来店不要業者の場合は、実態のある会社なのかチェックしましょう。
換金クレジットは「会社概要」のページが用意されています。業者によっては「特定商取引法の表記」のページで紹介しているケースもあります。
所在地の明記がない業者は警戒しましょう。

 

換金クレジットは部屋番号の表記、代表者名、認可番号の明記があるので安心です。
所在地を見るときはレンタルオフィスやバーチャルオフィスの拠点にないかまでチェックすることが望ましいです。

 

運営実績(期間)を調べる

 

ショッピング枠現金化業者はすぐに閉鎖をしてしまう悪質業者もいます。
最低でも1年以上の運営実績が望ましいです。
公式ページで「創業○年の実績」と表記しているケースもありますが、悪質業者は嘘を付いていることもあるので注意しましょう。


確実な方法はドメイン取得日のチェックです。換金クレジットの現在のホームページは2016年11月21日にドメインを取得しています。
オールドドメインを使っているケースもあるので、URLとサービス名称が連動していると安心です。

 

換金クレジットのドメインはhttps://kan-cre.com/なので問題ありません。

 

フリーダイヤルの用意

 

基本的にはWeb申込から折り返しの電話がかかってくる仕組みですが、将来的なクレーム連絡のことも考えるとフリーダイヤルの用意があると安心です。
フリーダイヤルを用意していることは、どんなことでも納得するまで話を聞くサポート体制が用意されている証拠です。

 

営業時間とネットバンクの対応

 

ショッピング枠現金化はリピーターの多いサービスです。
初回利用時は業者と銀行の営業時間内でも2回目以降は、いつ資金調達が必要な状況になるかわかりません。
2回目以降の利用は手続きや説明が簡略化されるので安定して5分前後のスピード取引が可能です。いつでもスピーディーに利用できる業者と付き合いをもっておくと安心です。

 

換金クレジットは年中無休で、朝8時から夜9時まで営業しています。年中無休の業者はほかにもありますが、営業時間は朝が9時から11時、終了時間が18時から20時になっているケースが多いです。

 

また、銀行窓口の営業時間外でも4つの金融機関に対応しているのも評価できます。
ほかの業者よりも対応範囲が幅広いのが換金クレジットの強みです。

 

換金率は鵜呑みしない

 

業者選びで一番重要なのが換金率です。
しかし、一部の業者では店頭表示は90%以上でも実質換金率が70%前後に下げる手法を使っています。
実質換金率は公式サイトを見ても分からないので、外部サイトなどの検証結果や口コミを参考にするしかありません。
また、換金率は即日プランのものか通常プランのものか確認しましょう。
換金クレジットの実質換金率の話はコチラ

 

TOPへ